前へ
次へ

腰痛を防ぐために柔軟性をよくする努力

前屈の動作があります。真っすぐ立った状態から膝を曲げずに手を地面に伸ばしていきます。柔軟性がある人なら手のひらを地面にぴったりつけることができますが、あまりない人はひざあたりで腰に痛みを感じるでしょう。この状態で日常生活をしていると腰痛になる可能性があるので注意が必要です。柔軟性がないとちょっとした動作においても体に負担がかかりやすくなり、それが原因になって腰痛を発症してしまうことがあるからです。腰痛を予防するためにしておきたいこととして柔軟性を良くする努力があります。前屈動作だと最初ひざあたりまでしか伸ばせなかった人が毎日少しずつ行うことで少しずつ地面につけるようになるでしょう。このとき急いで急に伸ばそうとするとその部分を傷めてしまうので注意が必要です。毎日少しずついろいろな部分の柔軟性を良くするストレッチをすることで体が柔らかくなり、日常動作で急な動きが必要になったとしても腰痛が起こりにくくなります。

Page Top