前へ
次へ

腰痛から解放されるためには

腰痛から解放されるためには、その原因をよく理解しておくことが必要になります。原因といっても、実は明確になっていないことがほとんどです。あるデータによれば、8割以上の患者さんがどのような原因で腰の痛みが生じているか分からないとされています。そのため、病院に行きレントゲンを撮ったとしても、その腰痛の原因が明確になる訳ではありません。もちろん明確になることもありますが、8割の人が明確になっていないことを考えれば、そこまで期待はできないと考えてよいでしょう。ただ、実際に腰の痛みを訴える人にはいくつかのパターンがありますので、たいていの人はいずれかのパターンに該当していることが考えられます。そのパターンの一つとしては、長時間同じ動作を繰り返している場合です。例えば、ずっと立ちっぱなしの人は腰に痛みが生じる可能性があります。これは普段から腰のあたりの筋肉を動かしていないことが原因です。筋肉を動かすといっても、重たいものを持ち上げるよりも長時間同じ体勢を維持させるだけの持久力がないことに問題があるわけです。

Page Top